本文へ移動

会社の歴史

大正12年3月大分県南海部郡上浦町に創業者・吉岡作一が吉岡組を創業。 日本土木(大成建設の前々身)から受注した 日豊本線の宗太郎トンネル(延長1200m)の施工実績を評価され、 その後全国のダムやトンネルを手掛ける礎となった。
昭和28年8月創業者・吉岡作一死去により吉岡寛が代表者となり事業継承する。
昭和32年1月吉岡組を発展解消し、 大分県佐伯市に吉岡建設有限会社を設立(資本金500万円
昭和38年1月会社組織を株式会社に変更
昭和47年6月資本金を増資、6000万円とする。
昭和47年7月本社を現所在地の高槻市郡家新町41-2に移す。
昭和50年5月産業の発展に尽力した功績に対し、大阪府知事から表彰を受く。
昭和53年2月資本金を増資、9000万円とする。
昭和57年3月札幌支店設置。
昭和57年11月雇用改善優良事業所として、 労働大臣表彰及び大阪府中央会会長表彰を受く。
平成5年8月吉岡隆一社長に就任
平成5年8月従業員寮「白梅寮」を新築
平成8年9月本社社屋新築 社員寮「テクノハイツ」新築
平成14年3月創立80周年を迎える。
平成17年8月本社にてISO 9001認証取得 (土木構造物の施工。但し、顧客は官公庁に限定)
平成19年6月本社にてISO 14001認証取得 (土木構造物の施工。但し、近畿2府4県内事業活動)
平成24年3月創立90周年を迎える。
本社社屋
 ● 本社社屋
従業員寮「白梅寮」
 ●従業員寮「白梅寮」
社員寮「テクノハイツ」
  ●社員寮「テクノハイツ」
吉岡建設株式会社
〒569-1136
大阪府高槻市郡家新町41番2号
TEL.072-681-1861
FAX.072-681-1866

──────────────
●国土交通大臣許可(特-26)
  3398号
●大阪府知事免許(13)11681号
●ISO 9001

 
TOPへ戻る